01

「はまかぜ」ちゃん北海道浜頓別町
市民風力発電所
・浜頓別

北海道最北の宗谷地方。浜頓別(はまとんべつ)は稚内から南東へ約90km行った、オホーツク海に面した小さな町です。基幹産業は漁業と酪農で、5年かけて育つ帆立貝は旨味が濃厚、冷涼な気候のもとストレスなく育てられた乳牛のミルクは青草の香りがします。また、北オホーツク道立自然公園の中心地・ベニヤ原生花園では湿地植物や高山植物が同時に楽しめ、グリーンツーリズム観光が盛ん。汽水湖のクッチャロ湖には約290種もの野鳥が飛来し、ラムサール条約の保護区に指定されています。2001年9月、この地に日本初の市民風車「はまかぜ」が誕生しました。

建設地の選定は難航しましたが、市民風車を建てたいという鈴木の熱意に賛同した自治体、地元の方々、また当時同じ場所で建設を予定していたトーメンパワージャパン(現(株)ユーラスエナジーホールディングス)の協力を得て、地元の方の土地と旧国鉄 天北線線路用地だった町有地を借りることができました。発電開始以来、設備利用率27~28%前後をキープしており、全国的にも優秀な風車です。並び立つユーラスエナジーの4基とともにオホーツクの風を受けて風車は回り続け、浜頓別の風景に溶け込んでいます。

ベニヤ原生花園

冷涼な気候で育てられた乳牛

[「はまかぜ」ちゃん]
正式名称:市民風力発電所・浜頓別
事業主体:株式会社浜頓別市民風力発電
運転開始:2001年9月
総事業費:約2億円
市民出資総額:1億4,150万円
出資者数:217名
設備能力:990kW×1基
風車機器:ローター直径54m ハブ高60m
     Bonus(現Siemens)社製
売電先:北海道電力株式会社
総売電量:3,598万8,969kWh(〜2016年度)

01 「はまかぜ」ちゃん
北海道枝幸郡浜頓別町字ブタウス201-1

↑LIST

02

わんず青森県鰺ヶ沢町
あおもり市民
風力発電所

[わんず]
正式名称:あおもり市民風力発電所
事業主体:一般社団法人グリーンエネルギー鯵ヶ沢
運転開始:2003年2月
総事業費:約3億8,000万円
市民出資総額:1億7,820万円
出資者数:776名
設備能力:1,500kW×1基
風車機器:ローター直径70.5m ハブ高65m
     GE Wind Energy社製

02 わんず
青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字赤石町字大和田

↑LIST

03

天風丸秋田県潟上市
市民風力発電所
秋田1号機

秋田県のほぼ中央の沿岸部に位置する潟上(かたがみ)市は、八郎潟に面した3町が合併して2005年に誕生しました。秋田市の中心部まで近く、風光明媚なことから、ベッドタウンとして発展しています。中央部と北部は広大な田園地帯、西部は砂丘群が連なっています。沿岸部では海岸砂丘が形成され、クロマツの松原が日本海の潮風から農作物や田畑を守っています。漁業も盛んで、沖合の漁場に設けられた定置網にかかる魚種は豊富。米どころにして、海の幸にも恵まれた地域です。

天風丸は潟上市の沿岸部に位置する旧天王町浜山地区に、地元企業や市民風車の会あきたの協力を得て開発を進め、2003年3月、「天風丸」が運転を開始しました。風車が立っているのは、住宅地から離れた田んぼと海に挟まれた場所です。北からは秋田平野をわたってきた緑風が、南からは日本海の潮風が吹き、風況に恵まれており、これまで何度となく落雷がありましたが、安定した運転を継続中です。朝陽や夕陽を受けたタワーの白は、空と海の青、稲穂の緑とマッチし、平和な風景をなしています。

スポーツ施設が集まる鞍掛沼公園

男鹿半島の入口に立つなまはげ像

[天風丸] 
正式名称:市民風力発電所・秋田1号機
事業主体:特定非営利活動法人北海道グリーンファンド
運転開始:2003年3月
総事業費:約3億8,000万円
市民出資総額:1億940万円
出資者数:443名
設備能力:1,500kW×1基
風車機器:ローター直径70m ハブ高63.7m
     REpower Systems(現Senvion)社製 
売電先:東北電力株式会社
総売電量:3,587万9,420kWh(〜2016年度)

03 天風丸
秋田県潟上市天王字浜山2-2

↑LIST

04

かぜるちゃん市民風力発電所・石狩

05

かりんぷういしかり市民風力発電所

11

かなみちゃん市民風力石狩発電所

札幌市の北に隣接し、石狩湾の最奥部に面した石狩市。取り囲む山は低く、平野が広がっている地形のため、昔から風が強いことで知られています。とりわけ冬は北西の風が吹雪を呼び、人々に厳しい暮らしを強いてきました。しかし、かつて地域の弱点とされていた特性を資源として積極的に活用し、自然エネルギーと共生する街として発展しています。

石狩川水系茨戸川の分流である石狩放水路は、石狩灯台のあるはまなすの丘公園と並んで石狩市の観光スポットの一つ。ふだんはゆったりとした流れで市民の目を楽しませてくれるこの放水路沿いに、当社が運転管理している3基の市民風車が並んでいます。2005年3月に運転を開始した「かぜるちゃん」(事業主体:一般社団法人グリーンファンド石狩)と「かりんぷう」(事業主体:一般社団法人いしかり市民風力発電)、2007年12月に運転を開始した「かなみちゃん」(事業主体:NPO法人北海道グリーンファンド)。水面に映る風車の影、そして日本海に沈む夕陽に輝く風車群。この街の平和で穏やかな暮らしを象徴する風景がここにあります。

石狩市は日本海に沈む夕景も名物

石狩放水路堰の先は石狩湾

埠頭周りでもさまざまな魚種が揚がる

[かぜるちゃん]
正式名称:市民風力発電所・石狩
事業主体:一般社団法人グリーンファンド石狩
運転開始:2005年2月
総事業費:約3億2,000万円
市民出資総額:2億3,500万円
出資者数:266名
設備能力:1,500kW×1基
風車機器:ローター直径82m ハブ高78m
     Vestas Wind Systems社製 
売電先:北海道電力株式会社
総売電量:4,254万1,420kWh(〜2016年度)

[かりんぷう]
正式名称:いしかり市民風力発電所
事業主体:一般社団法人いしかり市民風力発電
運転開始:2005年2月
総事業費:約3億2,000万円
市民出資総額:2億3,500万円
出資者数:330名
設備能力:1,650kW×1基
風車機器:ローター直径82m
     ハブ高78m Vestas Wind Systems社製
売電先:北海道電力株式会社
総売電量:3,809万8,180kWh(〜2016年度)

[かなみちゃん]
正式名称:市民風力石狩発電所
事業主体:特定非営利活動法人北海道グリーンファンド
運転開始:2007年12月
総事業費:約4億2,000万円
市民出資総額:2億3,500万円
出資者数:319名
設備能力:1,650kW×1基
風車機器:ローター直径74mハブ高70m
     Ecotecnia(現Alstom)社製
売電先:北海道電力株式会社
総売電量:2,600万6,826kWh(〜2016年度)

05 かぜるちゃん
北海道石狩市新港南3丁目77-28

04 かりんぷう
北海道石狩市新港中央南3丁目1-202-16

11 かなみちゃん
北海道石狩市新港南3丁目770-47

↑LIST

06

「まぐるん」ちゃん青森県大間町
大間市民風力発電所

風力発電所の設置数が全国一の青森県。とりわけ下北半島は風況に恵まれ、風車の姿が各地で見られます。大間町は津軽海峡を挟んで北海道と向き合う街で、夏には太平洋側から冷たく湿ったヤマセが渡ることが多く、冬には雪が積もることさえできない横殴りの風が吹き荒れます。この優良な風資産を活用するため、八戸市のNPOグリーンシティが中心となって一般社団法人市民風力発電おおまを設立。当社が開発・建設を受託して、市民風車「まぐるん」ちゃんは2006年3月に運転を開始しました。

風車が立っているのは、漁師町である大間地区から離れた畑作・牧畜が盛んな奥戸(おこっぺ)地区の放牧地。海を見下ろす丘の上では、陸マグロとして注目を集める大間牛がミネラル分を含んだ牧草をのんびりとはんでいます。2011年には落雷によって、2013年にはギアボックスの故障、ブレードの損傷によりトータル長期の運転停止を余儀なくされました。それでも10年間の平均設備利用率は30%を超えており、発電実績はきわめて優秀です。海峡を泳ぐマグロのように、今日も元気に回り続けています。

近所の牧場では「奥戸牛」が生育中

津軽海峡へ出漁するマグロ船

[「まぐるん」ちゃん]
正式名称:大間市民風力発電所
事業主体:一般社団法人市民風力発電おおま
運転開始:2006年3月
総事業費:約2億4,000万円
市民出資総額:8億6,000万円※
出資者数:1,043名※
設備能力:1,000kW×1基
風車機器:ローター直径61.4m ハブ高68m
     三菱重工業製
売電先:東北電力株式会社
総売電量:2,800万9,270kWh(〜2016年度)

※「まぐるん」ちゃん、風こまち、竿太朗、かざみ、なみまる 5発電所への共同出資

06 「まぐるん」ちゃん
青森県下北郡大間町大字奥戸字二ツ石

↑LIST

07

風こまち秋田県秋田市
秋田未来エネルギー
市民風力発電所

08

竿太朗秋田県秋田市
市民風力発電所
秋田2号機

2006年3月、秋田県内で2、3号機となる市民風車が運転を開始しました。1基は、東北では有数の広さと規模を誇る秋田マリーナに近い砂浜に建てられた「風こまち」。もう1基は、秋田県立野球場などスポーツ施設が集まる向浜地区に立て建てられた「竿太朗」。2基の風車は、約12kmの距離です。

「風こまち」があるのは、日本海沿いを縦断する国道56号線を折れ、松林を抜けた飯島地区の浜です。周囲には民家がなく、近くにはヨットやプレジャーボートの拠点となる海の駅があります。沖合からは風車が目にとまりやすく、ヨットやボートが寄航する際のランドマークとしての役割も期待されています。一方、「竿太朗」がある向浜地区は、秋田港の一角で旧雄物川の河口部と日本海の海岸線に挟まれた港湾区域。由利本荘市方面の海沿いには一定の間隔を置いて風車が立ち並び、風力発電導入量第2位の秋田県を象徴する景観が続いています。

白浜が続く秋田の海沿い

秋田港周辺は風車の集中エリア

[風こまち]
正式名称:秋田未来エネルギー市民風力発電所
事業主体:一般社団法人秋田未来エネルギー
運転開始:2006年3月
総事業費:約3億2,000万円
市民出資総額:8億6,000万円※
出資者数:1,043名※
設備能力:1,500kW×1基
風車機器:ローター直径77m ハブ高63.6m
     REpower Systems(現Senvion)社製
売電先 東北電力株式会社
総売電量 3,523万1,484kWh(〜2016年度)

[竿太朗]
正式名称:市民風力発電所・秋田2号機
事業主体:一般社団法人あきた市民風力発電
運転開始:2006年3月
総事業費:約3億2,000万円
市民出資総額:8億6,000万円※
出資者数:1,043名※
設備能力:1,500kW×1基
風車機器:ローター直径77m ハブ高63.6m
     REpower Systems(現Senvion)社製
 売電先 東北電力株式会社
総売電量 3,837万5,700kWh(〜2016年度)
※風こまち、竿太朗、「まぐるん」ちゃん、かざみ、なみまる 5発電所への共同出資

07 風こまち
秋田県秋田市飯島字堀川249地内

08 竿太朗
秋田県秋田市新屋町字砂奴寄3-1地内

↑LIST

09

かざみ千葉県旭市
うなかみ市民風力発電所

img_map

10

なみまる茨城県神栖市
波崎未来エネルギー風力発電所

これまで建設地が北日本に限られていた市民風車でしたが、2006年7月に関東第1号となる「かざみ」が千葉県旭市(旧海上町)に完成しました。地元は穀倉地帯で、風車が立つのは田んぼを見下ろす丘の上にある滝のさと自然公園。周辺は野菜や養豚・養蚕が盛んで、民家はわずかしかありません。広々とした芝生とジャングルジムが整備され、風車が公園内を遊ぶ子供たちの姿を上から眺めています。牧歌的な風景に、風車のシルエットが溶け込んでいます。

翌年の2007年10年には、利根川を渡った茨城県神栖市波崎地区(旧波崎町)に「なみまる」が完成しました。海岸清掃活動などに取り組むNPO法人波崎未来フォーラムが、市民レベルでの地球温暖化防止対策と、事業利益を活動資金に充てて活動を通して地域還元する目的から、一般社団法人波崎未来エネルギーを設立。当社が開発・建設を受託しました。風車の設置場所には、環境省の「快水浴百選」に選定されている波崎海水浴場の駐車場を選びました。2011年3月11日の東日本大震災では津波が押し寄せましたが、深刻な被害がなく、5日後に運転を再開。以後、安定した運転を続けています。

旭市は房総半島の穀倉地帯

売電収入が浜の清掃活動を支援

[かざみ]
正式名称:うなかみ市民風力発電所
事業主体:一般社団法人うなかみ市民風力発電
運転開始:2006年9月
総事業費:約3億4,000万円
市民出資総額:8億6,000万円※
出資者数:1,043名※
設備能力:1,500kW×1基
風車機器:ローター直径70.5m ハブ高64.7m
     GE Wind Energy社製
売電先:株式会社生活クラブエナジー
総売電量:2,677万1,605kWh(〜2016年度)

[なみまる]
正式名称 波崎未来エネルギー風力発電所
事業主体 一般社団法人波崎未来エネルギー
運転開始 2007年7月
総事業費 約3億5,000万円
市民出資総額 8億6,000万円※
出資者数 1,043名※
設備能力 1,500kW×1基
風車機器:ローター直径70.5m ハブ高64.7m
     (GE Wind Energy社製)
売電先 東京電力株式会社
総売電量 3,185万1,519kWh(〜2016年度)

※かざみ、なみまる、「まぐるん」ちゃん、風こまち、竿太朗、5発電所への共同出資

09 かざみ
千葉県旭市岩井1000

10 なみまる
茨城県神栖市波崎9589

↑LIST

12

のとりん石川県輪島市
輪島もんぜん市民風車

日本海にマサカリのように突き出た能登半島北西部、禅の里として知られる輪島市門前町。2007年3月の能登半島沖地震で壊滅的な被害に遭いましたが、官民連携の努力で現在は趣ある佇まいを取り戻しています。標高300~500mの山地が囲み、対馬海流のおかげで気候は総じて穏やか。ただし冬は別物で、北西からの季節風が吹き荒れます。このため海沿いの民家は、間垣を並べて風と雪から家屋を守っています。

町の中心部からも見える標高300mほどの山で市民風車「のとりん」が運転を開始したのは、2010年3月のこと。地元のNPO法人・市民環境プロジェクト(金沢市)の協力のもと、一般社団法人輪島もんぜん市民風車が設立されました。完成まではトラブルの連続でした。能登半島沖地震に始まり、円安による風車費用の高騰、改正建築基準法に伴う建設費の高騰、当初の計画地が渡り鳥の通り道だったため別の場所で再度の用地交渉、希少猛禽類営巣期間の工事中断、リーマンショックによる銀行融資の不調など。しかし、地元からの復興のため事業を続けてほしいという声に押され、実現することができました。運転開始以降は幸い深刻なトラブルは発生しておらず、安定した発電を続けています。

海沿いに続く間垣囲みの家並み

夏は穏やかだが、冬は荒天が続く日本海

[のとりん]
正式名称:輪島もんぜん市民風力発電所
事業主体:一般社団法人輪島もんぜん市民風車
運転開始:2010年3月
総事業費:約5億円
市民出資総額:2億9,950万円
出資者数:405名
設備能力:1,980kW×1基
風車機器:ローター直径82m ハブ高68.7m
     REpower(現Senvion)社製
売電先:北陸電力株式会社
総売電量:2,434万1,494kWh(~2016年度)

12 のとりん
石川県輪島市門前町勝田

↑LIST

13

夢風(ゆめかぜ)秋田県にかほ市
にかほ北風力発電所

14

風民(ふーみん)秋田県にかほ市
にかほ南風力発電所

南に鳥海山、西に日本海を臨む、秋田県にかほ市。沿岸部や鳥海山北麓に広がる仁賀保高原は風況に恵まれ、多くの風力発電所が立っています。2012年4月、芹田(せりだ)岬の丘に、メーカーも機種も同じ2基の風力発電所が運転を開始しました。前者は生活クラブ・首都圏4単協(東京・神奈川・埼玉・千葉)が出資した一般社団法人グリーンファンド秋田の「夢風(ゆめかぜ)」、後者は大手外食チェーンのワタミ(株)が出資した一般社団法人このうら市民風力発電の「風民(ふーみん)」です。ともに市民風車の理念に賛同し、当社との共同事業の形で初めて風力発電事業に進出しました。

にかほ市に暮らす人々にとって、鳥海山の秀麗な姿は郷土の誇りでもあります。このため市では風力発電施設の建設促進と環境保全との両立を図るため、発電規模が100kW以上の風力発電設備を対象にガイドラインを策定。住宅等までの距離、騒音、振動、低周波音、電波障害、景観等について基準を設けています。この施行は風車建設の着工後でしたが、当社は海沿いに用地を確保し、市および芹田地区の皆さんの積極的なご賛同のもと建設を始めました。当社はこれからも地域の活性化に貢献するため、風車の健全な運転に取り組んでまいります。

古くから稲作が盛んな芹田地区

風車が林立する仁賀保高原

[夢風]
正式名称:にかほ北風力発電所
事業主体:一般社団法人グリーンファンド秋田
運転開始:2012年4月
設備能力:1,990kW×1基
風車機器:ローター直径80m ハブ高80m
     日立製作所/富士重工業製
売電先:生活クラブエナジー株式会社
総売電量:2,318万2,960kWh(〜2016年度)

[風民]
正式名称:にかほ南風力発電所
事業主体:一般社団法人このうら市民風力発電
運転開始:2012年4月
設備能力:1,990kW×1基
風車機器:ローター直径80m ハブ高80m
     日立製作所/富士重工業製
売電先:ワタミファーム&エナジー株式会社
総売電量:2,303万98kWh(~2016年度)

※かざみ、なみまる、「まぐるん」ちゃん、風こまち、竿太朗、5発電所への共同出資

13 夢風
秋田県にかほ市芹田字門脇139-1

14 風民
秋田県にかほ市高森29-1

↑LIST

15

向浜風力発電所秋田県秋田市
秋田・向浜風力発電所

16

西目風力発電所秋田県由利本庄市
秋田・西目風力発電所

当社は非営利法人のほかに、地元企業、生協、一般企業の風力発電事業の推進を支援するため、市民風車で蓄積した知識とノウハウを使って企業・生協との協同事業に取り組んでいます。2013年2月と4月に秋田県内で建設した2基の風力発電所が、このケースに当たります。それぞれの事業主体は、当社のほか、秋田県を中心に風力事業の展開を目指して2012年に設立された(株)ウェンティ・ジャパンと、外食大手のワタミ(株)が出資参加した特別目的会社です。

向浜風力発電所が立つのは、市民風車「竿太朗」から近い秋田運河と海岸線に挟まれた風力発電所も数多く並ぶエリアです。西目風力発電所が立つのは秋田市の南隣、由利本荘市。日本海と並行する、羽州浜街道(国道7号)から入った海沿いに立っています。どちらも海岸に面しているため風況に優れ、落雷による故障停止はあるもののそれ以上の甚大な事故はなく、ほぼ計画どおりに運転を継続しています。

[秋田・向浜風力発電所]
正式名称:秋田・向浜風力発電所
事業主体:株式会社ウイネット向浜
運転開始:2013年2月
総事業費:約6億円
設備能力:1,990kW×1基
風車機器:ローター直径80m ハブ高80m
     日立製作所製
売電先:東北電力株式会社
総売電量:2,049万1,400kWh(〜2016年度)

[秋田・西目風力発電所]
正式名称:秋田・西目風力発電所
事業主体:株式会社ウイネット西目
運転開始:2013年4月
総事業費:約6億円
設備能力:1,990kW×1基(2017年8月までは1,250KW)
風車機器:ローター直径80m ハブ高80m
     日立製作所製
売電先:東北電力株式会社
総売電量:1,759万7,580kWh(〜2016年度)

15 向浜風力発電所
秋田県秋田市向浜2地先

16 西目風力発電所
秋田県由利本庄市西目字海士剥地先

↑LIST

17 あい風未来 北海道石狩市
厚田市民風力発電所
18 厚福丸

札幌市の北隣に位置する石狩市は、石狩湾に面した、1年を通じて強い風が吹く土地。海岸に迫る陸地のところどころは波に浸食され、その下に浜が発達し、険しさと美しさを併せ持つ景観が特徴的です。厚田地区(旧・厚田村)は、江戸時代初めから長くニシン漁で栄えた古い歴史をもつ地区。かつてほどではありませんが、今も一年を通じて魚種が豊富で、毎日開かれる漁港朝市は新鮮な魚を求める人々で賑わっています。

石狩湾を臨む丘の上に、石狩市の協力のもと(株)厚田市民風力発電が建てた「あい風未来」と「厚福丸」が並んでいます。同社は当社のほか、生活クラブ生活協同組合(連合会、北海道・東京・神奈川の各単協)、(株)ウェンティ・ジャパンの6社・団体の出資によって設立された特別目的会社です。周囲にはカシワの林で、人工的な建造物は見当たりません。豊かな自然の中にすっと立つ姿は美しい風景を描き、特に夕焼けを受けた姿は、モニュメントのようです。2014年12月に運転を開始して以来、風に恵まれ、設備利用率は33%を実現(2016年度)。計画通り一般家庭約2,800世帯が消費する電力を供給しています。厚田では古くから野山を色づかせ、海を藍色に染める北西の風を「あい風」と呼んでいますが、「あい風未来」も、「厚福丸」も、未来に福をもたらす風車として回り続けます。

海食崖が印象的な厚田の海岸

かつて鰊漁で栄えた石狩の浜

[あい風未来]
[厚福丸]

正式名称:厚田市民風力発電所
事業主体:株式会社厚田市民風力発電
運転開始:2014年12月
総事業費:約15億円
市民出資総額:9,900万円
出資者数:118名
設備能力:2,000kW×2基
風車機器:ローター直径99.8m ハブ高80m
     サムスン重工業社製
売電先:北海道電力株式会社、生活クラブエナジー株式会社
総売電量:2,675万8,472kWh(〜2016年度)

17 あい風未来
18 厚福丸
北海道石狩市厚田区小谷地区

↑LIST

19

風のめぐみ秋田県秋田市
コープ東北
羽川風力発電所

20

風のみらい1号秋田県秋田市
コープ東北
羽川風力発電所

21

風のつばさ秋田県秋田市
コープ東北
羽川風力発電所

秋田市南部で由利本荘市との境界に近い、北浜羽川地区。日本海と並行する国道7号から3kmほど入った山中で建設を進めていたコープ東北羽川風力発電所の3基が、2016年11月に運転を開始しました。同発電所は、みやぎ生協、いわて生協、生協コープあきたの東北3生協を中心に、当社を含む6社が出資したコープ東北グリーンエネルギー(株)が建設したもの。生協主導の風力発電事業としては、生活クラブ・首都圏4単協が出資した「夢風」に続いて2例目です。建設資金として生協が組合員向けに発行した組合債も、あっという間に満了となり、風車の愛称も組合員のご家族が命名しました。なお、3基合計の年間発電量は、一般家庭4,200世帯の年間電力使用量に相当する17,700MWhを見込んでいます。

風車が立っている場所は、海岸から直線距離で1km足らず。標高200mほどの森の最高地点近くですが、高木に囲まれ、近隣からはタワー上部が見える程度になっています。また、現地までは大型トレーラーが入る道がなかったため、樹木の伐採が少なく、地形の改変を避けるルートで林道を拡幅造成するなど、環境への影響を抑えて工事を進めました。

景観の一部になった風車の姿

室町時代創建の珠林寺が近くに

[風のめぐみ]

正式名称:コープ東北羽川風力発電所
事業主体:コープ東北グリーンエネルギー株式会社
運転開始:2016年11月
設備能力:2,495kW×3基
風車機器:ローター直径103m ハブ高85m
     GE Wind Energy製
売電先:株式会社地球クラブ
総売電量:938万9,160kWh(〜2016年度)

19 風のめぐみ
20 風のみらい1 号
21 風のつばさ
秋田市下浜羽川字クカ沢2

↑LIST

↑TOP